書くと寿命が百日延びるブログ

し、四十にして惑わず・・・?

プラレールのレールを買ってきたら、大はしゃぎの息子

f:id:eatmorefish:20141119184951j:plain

レールを前に目を輝かせる息子

プラレールの車両だけは持っていたのだけど、そろそろ自分で組むことが出来るかなと思い、レールを買ってきた。目を輝かせて喜ぶ息子。うーん。買ってきてよかった。

そうそう。私自身も幼少の頃、プラレールに執心だった。飽きもせず毎日毎日遊んでいた。そういえば、トンネルとかポイントレールとか、当時とあんまり変わってないなと、気になってタカラトミーのページにアクセスしてみた。

プラレールの歴史

今年でプラレールは55周年。サイトを見て驚く。何と当時のレールと今のレール、連結できるのだそう。凄すぎる。タカラトミーの姿勢は素晴らしい。

子供の頃の私は、まさか大人になって、まさか息子が出来て、まさか同じようにプラレールで遊び始めるなんて思っていなかったので、レールも車両もすべて廃棄してしまったのは悔やまれる。

これから先も仕様の変更はないと願いつつ、そのうち誕生するであろう孫のために大事に取っておくことにする。

プラレールとは|プラレール|タカラトミー