読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書くと寿命が百日延びるブログ

雨にも負けず風にも負けず雪にも夏の暑さにも負けぬ丈夫な体を作ろう。

【書籍】「夢をかなえるゾウ」(水野敬也著)を読んで

読んだ本の話 生活パターン

今更ガネーシャ先生のお言葉に耳を傾けてみる。

Amazonプライム会員はKindle本を月に1冊無料で読めるのです。で、このブログを書いている2016年6月現在、堂々の1位に君臨しているのが、この「夢をかなえるゾウ」という作品。結構前に流行ってたよね。

どこにでもいそうなサラリーマン青年の前に突如現れた神様「ガネーシャ」。自分の人生を変えたいというその青年に、関西弁で課題を与え続け、成長を促していく姿をコミカルに描きます。

自己啓発本のひとつなのですが、途中、自己啓発ジャンキーに一撃を食らわせます。要するに、大抵の人は自己啓発本を読んだ直後、これからは自分変われる!すごい!期待してる!となるけれど、それはただの興奮状態で、高揚感を前借りしてるだけ。現実に戻った時、何も変わらない自分に嫌気が差し、やる気を失ってしまうのだと。

くっそー。図星だね。

本書では、興奮してないで、早いところ行動しろってことを全面に押し出している。そうだね。行動ひとつひとつが自然に出来るようになってきた時に、夢というのは叶うのかもしれないね。よーし、頑張るぞ。(興奮)

この本を読んで良かったと思うポイントひとつ

繰り返すけど、自己啓発本を読んで、人生が変わると期待し興奮してるだけじゃダメ。行動しましょう。

夢をかなえるゾウ

夢をかなえるゾウ