読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書くと寿命が百日延びるブログ

肩の力を抜いて、気楽に過ごせばイイんじゃないの。

2016/7の体重変化を見てみる・・・。減量スピードが落ちました。早速の停滞期です。

2016/7の体重変化です。

f:id:eatmorefish:20160807074402p:plain

バナナ&豆乳ランチと、通勤時に2駅前から歩くというのを続けているのですが、体重の反応が微妙になってきました。

何でだろうなあと思って調べてみると、どうやらこれはホメオスタシス(生体恒常性)という働きで、身体に急激な変化があると、元の状態を維持しようと、自然と停滞期に入るのだそうです。体重に関しては、5%の減量するとホメオスタシスの効果が出てくるのだとか。このまま体重が減り続けたら餓死するぞと身体が危機を感じて、基礎代謝が落ちて、結果消費カロリーが減ってしまうということ。

ここで、減らしていた摂取カロリーを少し元に戻すと、餓死することはないと身体が理解して停滞期から抜けられるのだとか。

生物の体はよく出来てるなあ。この間にダイエットを諦めてはいけないよと。じっくり付き合っていこう。

welq.jp

 

f:id:eatmorefish:20160807074405p:plain

30日移動平均です。

先月の急降下も、今月は少し減速気味。まあ、焦らず時間をかけて体重を落とそう。

ところで、体幹を鍛えると良いらしいので、1日1回『プランク』の時間を設けてみました。ものは試しですからね。

welq.jp

ひとりカラオケに目覚めた日。束縛からの解放を感じさせる素晴らしい効能があった。

日常のお話 生活パターン

f:id:eatmorefish:20160710081456j:plainひとりカラオケに目覚めた瞬間

先日、酔っ払った帰り道。通りがかったカラオケ屋の前で「歌ってみる?」と何者かが頭の中で呟き、5秒後の私は受付に立っていた。

うーん。思いがけず人生初めてのひとりカラオケ。

車の中で歌うのとは違う。マイクを使って歌うのだ。高揚感は隠せない。ひたすら歌い続けた。1時間。もちろん友人や同僚と行くカラオケではあり得ない選曲で。

すごい自由を手に入れた気分だ。

選曲。

クレイジーケンバンドメドレーは、まあパーティーソングばっかりだったからやや外した感があったけど、他は実に良かった。

ひとりカラオケの効能

大声を出す直接的な爽快感もさることながら、カラオケはひとりでやっても良いんだ。何を歌っても良いんだという自由さが、社会の束縛から少し解放してくれるというメンタル的な効能がありそうだ。

これは当分ハマりそうな予感だ。

find-travel.jp

 

港区立図書館カードを作った。これで本を読むのがより捗りそうだ。

日常のお話 生活パターン

f:id:eatmorefish:20160710045808j:plain

川崎市民なので、これまで律儀に川崎市図書館を使っていたのだけれど、都内在勤者でもあるので、港区立図書館(赤坂図書館)でカードを発行してもらった。

初めて訪ねたその図書館は、青山一丁目の駅から近いし、綺麗だし。いつも利用している川崎市の某図書館は、駅から遠いし、古いし。

うーん、全く正反対。これは、財力や思想の違いですかね・・・。

ともあれ、これで本を読むのがより捗りそうだ。

【網焼き】コストコのシュラスコソーセージを焼いて食べる。なかなかの「肉感」でした。

美味いもの

f:id:eatmorefish:20160706195944j:plain

ネット界隈でも評判が良い、コストコシュラスコソーセージ。

肉感が素晴らしくニンニクも効いていて、とにかくビールが進む。

脂分が多いので、可能であればフライパンではなく網焼きにして少し油を落とすと、より美味しく頂けると思った。

【書籍】『「自分の人生、これでいいのか」と思った時』(川北義則著)を読んで。これがミッドライフ・クライシス?

読んだ本の話 生活パターン 日常のお話

f:id:eatmorefish:20160612121559j:plain

もういくつ寝ると40代だ。初老だ。

日本人男性の平均寿命は80歳くらいだから、平均からすれば折り返し地点。だけど代々癌家系っぽいところがあって、自分の父親は63歳で亡くなってしまったものだから、折り返しどころか、着地はもっと早いかも。まあ、人間明日も生きているという保証もないけれど。

ところでこの春から自部署に新卒の子が入ってきて、あまりのフレッシュさにこちらもドキドキする日々が続く。そういえば学生から社会人になってそこそこの頃は、30代、40代の諸先輩方は恐怖の対象でしかなかったなあ。そして今、そっち側の人間になってみると、人間って意外に成長しないし、自分が抱いた他人のイメージは事実ではなかったことに気づく。

こんなことばっかり考えてる。30代、40代になると訪れるという『ミッドライフ・クライシス』のようなものが目の前に現れ始めた。ああ~これが~と感心。

いわゆる自己啓発本の類は、人生はまだまだこれから。今まで生きてきたことを肯定も否定もせず、新しいことに挑戦していかないといけないよと焚きつけてくるのだけど、何のためにかなあとぼんやり思ってしまうのは、何か思考にトラブルを抱えてるのかしら。

図書館で借りた本にこう書いてあった。

スランプに陥って悩みはじめると、私はなぜか「脳が湿っぽくなってジメジメしている」という感覚にとらわれる。知らず知らずのうちに、水分を含んだ澱のようなものが脳に充満しているように感じるのである。(川北義則著『「自分の人生、これでいいのか」と思ったとき』より)

うーん。これかな?

少し頭を乾かしてみようかな。 

「自分の人生、これでいいのか」と思ったとき

「自分の人生、これでいいのか」と思ったとき

 

 

自分が怖くなるほどの注意力散漫。これ何とか解消できないの?

日常のお話 生活パターン

f:id:eatmorefish:20160320122847j:plain

誤字脱字がやたらと多い。

昔から注意力散漫だと思っていたけれど、ここのところひどい。脳の機能に問題があるんじゃないかとか、痴呆が始まったんじゃないかとか、不安だ。

注意力配分テストというサイトがあったので挑戦してみた。4分以上かかったし。

大人のためのADHD(注意欠陥・多動性障害)情報サイトとか読むと、うーん、当てはまるなあ・・・とか思いつつ、いつの間にか小一時間くらいネットで情報収集し始めてたりするし。

そういえば、転職してしまった部下の1人が「私ADHDなんです」と教えてくれたことがあった。そうだよねえ。自分じゃどうにもならないんだよねえ。すごくよく分かる。あの時彼には言わなかったけど、私にもその傾向がある。

とにかくひとつの物事に集中して取り組むというのが苦手で、2秒後には全然違うことを考えてたり、4秒後には違うことをしていたり、8秒後にハッと思い出して最初の取り組みに戻るも、その2秒後には(以下ループ)。

ああー。何とか解消したい。今の切実な悩みだ。

2016/6の体重変化を見てみる・・・。体重減ることジェットコースターのごとし。

生活パターン 日常のお話

2016/6の体重変化です。

f:id:eatmorefish:20160702060407p:plain

平日はバナナ&豆乳&2駅前から会社まで歩く、という生活が続いてます。

6月は法事で長崎や郡山に行ったり、週末に中華街でたらふく食べたり一時的にグッとグラフが上がってしまう日もありましたが、平均的には摂取カロリーは抑えめに出来ました。

f:id:eatmorefish:20160702060425p:plain

移動平均で見てみると、素晴らしい下降線を描いてます。こうやって形に現れてくれると、モチベーションも上がるってものですね。

【書籍】「Googleが仕掛けた罠」を読んで。

読んだ本の話

情報を守るのは難しいよ、という内容なのだけど・・・

セキュリティに関する話が延々と続く展開。Googleならではの話を期待すると肩透かしに合う。広く浅く取り上げているので、導入編としては良いのかもしれないけど、少々退屈な本でした。

図書館で結構予約を待ったのだけど、残念。

この本を読んで良かったと思うポイントひとつ

小学館が仕掛けた罠にかかったのは私でした。

Googleが仕掛けた罠 (小学館新書)

Googleが仕掛けた罠 (小学館新書)

 

 

【溝の口】今週のひとり反省会(かっぽうぎ溝の口店)

お酒の話 日常のお話

f:id:eatmorefish:20160610211613j:plain

カウンターで。

もっと勉強しておけば良かった。もっと熱心に仕事していれば良かった。今週はそう思う考えてしまう場面が多かった。

ただ、時間は巻き戻せるわけなじゃないから、とりあえず飲もう。

【書籍】『「イヤな気持ち」を消す技術』(苫米地英人著)を読んで。

読んだ本の話

頭の中で起きていることが分かれば怖くない。

苫米地英人氏の著書。

脳の働きを理解すれば、嫌な気持ち、辛い記憶を自分でコントロールする事ができるよという。目の前の事象や記憶なんて、結局は脳が作り出したイメージでしかないので、いちいち振り回されても仕方ないし、嫌なことがあっても、悪い記憶として引っぱり出さないようにすれば良いだけなんだということが分かる。

ある意味でドライに説明してくれるので、頭が疲れている人もすんなり実践できそう。疲れてる人にあれこれ言っても、それだけで悩んじゃうからね。

目次

  • 満たされない心、傷ついた心とは何か。
  • なぜイヤな記憶ばかりが蘇るのか。
  • 記憶とは何か。それとどうつき合っていくか。
  • あなたの自我があなたを不幸にする。
  • 悲惨な体験をトラウマにしない。
  • うつ病は一瞬で治る!?
  • イヤな気持ちから自分を解放するために。

この本を読んで良かったと思うポイントひとつ

イヤな出来事の長期記憶への移行をとめる最大の方法は、そのときに前頭前野を働かせてやることです。

前頭前野という言葉、しばらく意識してみよう。

「イヤな気持ち」を消す技術

「イヤな気持ち」を消す技術