書くと寿命が百日延びるブログ

そのブログは、記事を1つ書くと寿命が百日延びるという。

2018年6月のお勉強状況

f:id:eatmorefish:20180711161928j:plain

朝早く起きて、何かしら勉強することを日課にしてみよう、と思ってコツコツと頑張っております。

2018年6月の勉強実績です。studyplus というアプリで記録してます。座学だけでなく、新聞や読書の時間も含めているのは、広い意味での勉強ということでご理解ください。

6月の総計

71時間52分。1日あたりだいたい2時間30分くらいです。きちんと測って記録しておくと、あとでチェックができていいですね。記録って大事。

次に、その中で割合の多かったのを3つピックアップしてみます。

1位 日本経済新聞(12時間56分)

毎日20~30分読んでます。読んだ記事の中で3つほどピックアップして、ツイッターで呟いてます。メジャーなニュースはラジオで情報取得済みなので、時間を有効活用するため、小さな記事を中心に読むようにしています。

こんな感じで。

2位 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する(9時間)

書籍の分厚さに手を焼きました。ブックレビューを書いていますので、詳細はそちらを参考になさってください。 

santana.hatenadiary.jp

3位 高校数学がまるごとわかる(7時間56分)

7月も7時間くらいかかりました。実はこの前から小学校、中学校の算数・数学もやってます。子供の頃から数字が苦手て、今でもそうなのですが、苦手だからといって逃げていてもしょうがない。とりあえず高校数学までやりきりました。理系の人からすれば鼻で笑っちゃうレベルかも知れませんけども、やりきった自分を褒めてあげたい。よくやった。

そうそう。4年前くらいにも数字に四苦八苦してた様子をブログに残してました。懐かしい。

santana.hatenadiary.jp

 

さて、今月もコツコツと勉強しましょうか。

 

2018年6月の読書状況

2018年6月の読書状況です。17冊・・・微妙な数字で落ち着いてしまいました。借りたり買った本はもっと多いのですけど、みごとに「積ん読」状態です。

6月は『残酷すぎる成功法則』が一番ハマりました。もちろん良い意味で。今でも付箋をつけたまま、デスクの脇に置いてあります。

あとは、若干飽きてきたジャンルがチラホラ出始めた印象です。なんか、どっかで読んだことあるなぁ、、とあまり力を入れずにパラパラとめくる感じ。いろいろなジャンルに手を出さないと新鮮味が薄れていきますね。

 

eatmorefishの本棚 - 2018年06月 (17作品)
起業家 (幻冬舎文庫)
powered by Booklog

2018年6月の体重変化を見てみる。これよくない?よくない?これ。素晴らしい下落。

f:id:eatmorefish:20180704144239p:plain

2018年6月の体重変化です。

何となく、こう、思い切り食べ過ぎることだけは自制しております。あと、ランチに、ご飯代わりに豆腐が登場する機会が増えてきてます。

f:id:eatmorefish:20180704144232p:plain

30日移動平均にしてみても、この見事な下降線。まるで箱根の山を下っているようですね。まだギリギリで70の大台を割ることが出来ていないのですが、それも時間の問題でしょう。

完全で検証可能かつ不可逆的な減量に向け、夏も頑張って記録をとり続けたいと思います。

 

横浜マラソン2018で走ることになった日のブログ

f:id:eatmorefish:20180626123104p:plain

横浜マラソン2018の一般枠に見事当選したので、エントリーフィーをお支払いしてまいりました。これでもう後戻りできませんね。

あと4ヶ月あるのか、あと4ヶ月しかないのか、どちらかというと「しか」という気がしてなりません。何しろ小生、フルマラソンは初です。過去にハーフは惨敗、10kmも何とかって感じでしたし。

なので今、小出義雄監督の「マラソンは毎日走っても完走できない」を読みながら、イメージを高めてるところです。(はよ走れ) 

【朝顔観察】アサガオって、すっごい勢いで伸びるのね。

f:id:eatmorefish:20180626101617j:plain

観察中です。

「ツル」がニョキニョキと伸びてきて居場所がなさそうだったので、植木鉢を変えるついでにポールを立ててみました。

それから、根元の方ではすでにツボミが出てきてまして、もうすぐ咲きそうな勢いです。適度な雨と強烈な日差しで、夏と勘違いして成長しまくってるのですかね。

しっかし、こうやって庭で草花を見てるだけで心が和むとは、何とも不思議なものでございます。

santana.hatenadiary.jp