書くと寿命が百日延びるブログ

し、四十にして惑わず・・・?

はじめてのBARオープンBOOKを買っちゃったブログ

先日、新橋のバーで飲んだ時に感じたことをブログに書きました。バーを開きたいという想いです。 

新橋のとあるバーで感じてしまった恐ろしいこと・・・。 - 僕とあなたのガス抜きブログ

先日、ブックオフで何か面白そうな本はないかなと108円コーナーを歩いていたら、一瞬きらめく本があったのです。はじめてのBARオープンBOOK。こんな本もあるのですね。即、手に取りました。

当然この手の本は基礎の基礎編みたいなもので、これだけでオープンできるわけがないですのですが、存在するお店を何軒か紹介していて、コンセプト、間取り、メニューその他諸々のこだわりを垣間見ることが出来ます。大体全編通じて「こだわり、コンセプトがないとダメ」「しばらくは赤字が続くが耐えろ」「オシャレに、清潔に」というトーンです。

ふーむ。しかし俺もお店開きたい。駅前より、ちょっと離れた隠れ家的なのがイイね。座席数は8席のカウンターのみでね。雰囲気はそう、深夜食堂みたいなのがイイね。自家製のベーコンを厚切りにして炙ったのをウィスキーと一緒に飲んで貰うのもイイね。

妄想に妄想を重ねる秋の夜長なのでありました。

はじめての「BAR」オープンBOOK (お店やろうよ!(3))

はじめての「BAR」オープンBOOK (お店やろうよ!(3))

 

 ところでこのはじめてのシリーズ。ラインナップがまた面白くて、はじめてのカフェ、はじめての雑貨屋、はじめての居酒屋、だそうです。次は居酒屋が欲しいなぁ。