書くと寿命が百日延びるブログ

し、四十にして惑わず・・・?

バラとヒレの共演。贅沢に燻製作りしてみました。

バラ肉とヒレ肉を同時調理f:id:eatmorefish:20141004213657j:plain

バラ肉とヒレ肉を500gずつ買い込みベーコンとハム作りです。塩漬け1週間、塩抜き4時間、ピチットシート3時間、熱乾燥1時間、温燻3時間。ヒレ肉の方は最後に30分ほど湯煎して仕上げました。今回は温度をきっちり計りながらの育成でした。

あと、塩漬けの際、ハーブミックスを使ってみました。ちょっと違った味わいになるのかなと期待していたのですが、これはあまり響かず。量が少なかったのかな。残念。

出来上がりその1 ハム

f:id:eatmorefish:20141005084057j:plain

塩の抜け具合が絶妙。今年一番の出来。スライスしてパンにたくさん乗せて食す。美味い。そのままお酒のアテにして美味い。とにかく美味い美味い。

出来上がりその2 ベーコン

f:id:eatmorefish:20141005191545j:plain

ちょっと脂身が多かった。切ってみて改めて実感・・・。

こちらは細かく切ってチャーハンに入れたり、賽の目に切って炙ってお酒のアテにしたり。あとはカルボナーラとかアスパラを巻いたりとか、用途はたくさん。脂身ばっかり食べていたら確実に太ると思いますが、でもヤメられない止まらない。

まとめ

バラ肉は脂身の配分をよく見極めて買うようにします。それと、そんな脂身を火で炙ってご飯に乗っけて食べると物凄く美味しいのですが、デブまっしぐらなので自重したいと思います。