読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書くと寿命が百日延びるブログ

雨にも負けず風にも負けず雪にも夏の暑さにも負けぬ丈夫な体を作ろう。

【書籍】「ヤバいLINE 日本人が知らない不都合な真実」(慎武宏、河鐘基著)を読んで。

LINEはまあ入れてますけども・・・。

コミュニケーションツールとして絶大な人気を誇るLINE。これまで完全食わず嫌いで使ってなかったのですが、先日、とうとう必要に迫られインストールしたのでした。

何をどう設定し間違えたのか知り合いに一斉に通知されたらしく、疎遠だった人たちとも繋がりが出来た。良いんだか悪いんだか、なんか怖い。

さて、使ってみると確かに快適なレスポンス。可愛いスタンプ。なるほど、こりゃみんな使うわけですわ。

ところでこのLINEって会社は一体なんなのか、興味があって読んでみたのです。

タイトルはセンセーショナル。読んでお尻がムズムズ。

LINEが日本で劇的にユーザーを伸ばしてきた手法や、親会社NAVERの倫理観を知ることになりました。何というか、まあ、アンインストールしたくてお尻がムズムズしてくる(個人の感想です)。ネットビジネスの世界では、使わせてナンボの世界なんだろうけど、ちょっと思想については賛同しかねます。

それと全国WEBカウンセリング協議会という団体に寄せられたLINEに関する相談というのがいくつか載っていて、今の時代の中高生の悩みに衝撃を受けました。イノベーションの闇を垣間見た瞬間でした。

この本を読んで良かったと思ったポイントひとつ

LINEのことを知りたくて読んでみたけど、親会社NAVERや韓国のビジネス現場についてもある程度知ることが出来た。

アプリに縛られるのは本当に窮屈だ。コミュニケーションなら、極端な話Eメールでイイじゃないかと思うのだけど、まあ、なかなかそういう流れにはならないよね・・・。

ヤバいLINE 日本人が知らない不都合な真実 (光文社新書)

ヤバいLINE 日本人が知らない不都合な真実 (光文社新書)